「睡眠はとても大切」グウィネス・パルトロウ美肌の秘訣


現在39歳のグウィネス・パルトロウの美肌の秘訣は睡眠。

そうですよね。睡眠不足は敵ですよね。

私も気をつけないと・・・・30過ぎたら時間経過が早くて・・・・




美しい歯を維持するためにはスポーツドリンクはダメ!


これからの季節にスポーツドリンクは必需品だしね。

飲んだあとは少なくとも1時間、歯磨きを控えること。

シュガーフリーガムをかむか、水で口をゆすぐこと。

ですか。




「日本フードアナリスト協会」が選んだ最も美味しいダイエット食品

食のプロフェッショナルにより結成された「一般社団法人 日本フードアナリスト協会」が、 国内の売れ筋ダイエット食品を“美味しさ”という観点から採点する「ダイエット食品 美味しさリサーチ試飲会」 を実施した。専門家100人によるブラインドテストの結果、見事総合評価1位に選ばれたのは株式会社サニーヘルス(Sunny Health)の「マイクロダイエット」だった。





資生堂「フューチャーソリューションLX」のグローバル・スポークスパーソンに、女優のジェニファー・コネリーを起用


今年創業140周年を迎える資生堂(SHISEIDO)は、スキンケアライン「フューチャーソリューションLX(FUTURE SOLUTION LX)」のグローバル・スポークスパーソンに、女優のジェニファー・コネリー(Jennifer Connelly)を起用したと発表した。

20年以上前にも資生堂のキャンペーン広告に登場したことがあるジェニファーは「資生堂とまた仕事ができること、またフューチャーソリューショ ンLXラインの代表となることができ、光栄に思います」とコメント。「資生堂の“健やかな未来のためには現在準備することが大切”という考え方 に、私も賛成です。世界中の女性と一緒にフューチャーソリューションLXの旅に出るのが楽しみです」と語った。

国際マーケティング部の丸山宏(Hiroshi Maruyama)部長も「140年周年を迎えるにあたり、ジェニファーを改めて資生堂に迎え入れることをとても楽しみにしています。彼女の誠実な人柄 や家族への献身さ、そして美しく生きることへのアプローチは、会社と顧客の根本的な価値観を体現するものです」と語った。



ジョー マローン(Jo Malone)★新作先行発売

「ジョー マローン(Jo Malone)」がこの春、イングリッシュ ガーデンにインスピレーションを得た3つの限定の香り「ロンドン ブルームス コレクション」を発売する。




マスカラにチョコレートの香りはいらないでしょ・・・


優木まおみさんには悪いけどマスカラにチョコレートの香りはねェ。

ダイエット中にはキツイですよね。





男性向け避妊法「睾丸に超音波」

ラットの睾丸に超音波を当てて精子の数を減らすことができたとする論文が、28日の英医学誌「Reproductive Biology and Endocrinology(生殖生物学・内分泌学)」に発表された。将来的に、安価で信頼性が高く、可逆的な(元に戻せる)男性向け避妊法として活用できる可能性があるという。


「OPI」ニッキー・ミナージュとコラボ限定カラー2月3日発売


アーティスト・オブ・ザ・イヤーなどの数々の賞を受賞しているヒップホップの女王、ニッキー・ミナージュ とのコラボカラーが新発売となります。
ニッキーのデビューアルバム「ピンク・フライデー」に収録されているヒットソングなどが色名になったグラマラスでエッジーな6色は、ニッキーの独特のスタイルと最先端のファッションを上手に表現しています。
ダークなワインカラーのスーパー ベース シャッターを使用することで、ポップでユニークなクラックネイルが演出できます。





「TWEEZERMAN」のツイーザーを使うと他のツイーザーは使えません!

デイリーに使うアイテムこそ、本当に良いものを選びたいもの。繊細な目元のお手入れなど日々のケアに欠かせないビューティツールとして、ツイーザー(毛抜き)も気になるアイテムのひとつ。使い心地はもちろんのこと、見た目にもオシャレでおすすめなのは米ブランド「ツイーザーマン(Tweezerman)」だ。

一度TWEEZERMANのツイーザーを使うと他のツイーザーは使えません!

IKKOさんも愛用してるとか。






食器を変えるだけでダイエット効果あり!?



使っている食器を変え、食卓を模様替えするだけで、食事の量を減らして痩せられるかもしれない。そのような実験の報告が18日の米学術誌「消費研究(Journal of Consumer Research)」に掲載された。

米コーネル大学(Cornell University)の研究チームが行った実験で、小さくて料理と合わない色の食器を使うと、盛り付ける食べ物の量が9〜31%減ったことが分かった。現代のディナープレートの大きさは、約110年前の1900年と比べて23%近く大きくなっているという。

学生225人が参加した実験では、7種類の大きさのボウルを用意し、どれかひとつのボウルにトマトスープを一定の量だけ注ぐよう指示した。ボウルは基準となるものが1つと、それよりも大きいものと小さいものを3種類ずつ用意した。結果は予想通り、ボウルが小さいほど注ぐスープの量は少なく、ボウルが大きいほど多くなった。

料理と食器のカラーコーディネートでも食べる量を減らすことができる。研究チームは、料理と合う色ではなく、料理とコントラストのある色の食器を使うことを勧めている。

例えば実験の参加者に自分でトマトベースの赤いパスタを白い皿に盛り付けさせたり、ホワイトソースのパスタを赤い皿に盛り付けさせたりしたところ、盛り付ける量が21%減った。またテーブルクロスの色を変えることによって、盛り付ける量が10%減ったという。

「消費研究」には使うフォークを大きくすると食べる量が減るという別の論文も掲載されたことがある。


盛り付けの量が減ってもねェ〜・・・・

おかわりしちゃうかもね。





タグ:ダイエット


最近の記事
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。